コンパ系でのお話

街コンってまだあったの?!ナンパ師の巣窟だと思っていたけど…最近は変わったのかな?

私が婚活していた2年前。
メディアやネットでも今と比べて婚活がホットな話題だったと思います。
街全体で行う大型の合コンイベントで、一般的な合コンと比べて大規模。開催者が指定した飲食店を廻り交流を深めるものです。尚その際は同性同士で組みを作って移動します。

 

参加者が非常に多いんですよ。
結構前ですけど、NHKで街コンに関するニュースが流れていて、自治体が中心になって開催していましたね。自体主催のものはそう多くは無いのでしょうけど、街コンはナンパ師の巣窟となっています。

街コンスタイルが出来上がったばかりの頃はそうでもなかったのでしょうが、そんな一般ピーポーばかりが集うわけがありません。ナンパ師や遊び目的の輩が少しでも混じれば、「結局街コンって言ってもチャラい男ばかりじゃないの」と女性陣は思ってしまいます。

 

私も街コンに参加したことがあります。
女性は1500円程度なのに男性は7000円以上だったっけ…。不公平ですよね。高い金を払ったからといって良い女性がいるわけでもなく、出会えるわけでもなく。

著作者:Shuji Moriwaki

著作者:Shuji Moriwaki

 

  •  ~とりあえず大きめの会場で行われる一次会~

地元でも開催して欲しかったけど、イマイチ町が小規模なため、となり町が主催する街コンに参加してきました。てっきり地元の友だちが参加するかも?小中時代の地味めな女の子がチョウチョのように変貌して、思わぬハプニングが!?なんて淡い期待をして友人と一緒に参加しました。

100人超…見込みのはずが?

実際に集まったのは60人程度でした。6割集まれば良い方なのでしょうか?
三々五々会場に人は集まり、主催者側の挨拶の後同性同士で2~3人組を作って、異性と交流します。お見合い回転すし的な感じでイベントは進み、女性陣一組15分程度話してからまた交代。しばらく回転した後主催者側からプロフィール等を交換する時間を与えられました。

とりあえず男女が集まったものの…何から話せば良いのか。
でも、長年婚活をしてきましたから有害無毒な話題をダラダラとするのは慣れています。
会社の飲み会のような雰囲気でした。知らない人ばかりで数も多いので他人の目も気になるのでしょうか。

見かけがチャラい人もいましたが、彼らをナンパ師と決めつけるのは早計です。
一見ビシッとした格好をしていてもナンパ師はいますし、とにかく外見だけではわかりません。普通に婚活している人がナンパ師を敵視する必要はないです。たしかに、好みの女性をもって行かれることもあるかもしれませんが、「(モテない僻みも含めて)ナンパ師にホイホイたらしこまれてしまう女性なんだ」と割り切るようにしましょう。

 

  • ~飲食店を回る2次会~

お店を飲み歩き、食べ歩きます。
一軒目、二軒目と回ったけれど大した収穫もなく。一緒に参加した友人は結婚願望が薄く、とりあえず婚活だけはやっているという人だったので、女性にがっついていく勢いもなし。
二次会に入ると途中離脱する女子も多いし、街コンははずれでした。何度も数をこなしていれば街コンのコツみたいなのも掴めたのでしょうけど、費用はかかるし、そこまで熱くなれないのが街コンでした。

連絡先を交換した人もいるけど、全然盛り上がらなかったし、ぶっちゃけはずれでした。婚活をしていて外れることなんてあるけれど、初参加の街コンではずれてしまうと、もうこの手の集まりには参加したくなくなってしまいますね。

 

街コンのメリット・デメリット

メリット

  • 参加年齢がバラバラで若い子と出会える。
  • 遠距離恋愛ならぬ近距離恋愛の可能性が高い。
  • 多くの人と知り合える

デメリット

  • ナンパ師多し
  • 多くの人と知り合える反面、薄っぺらい会話ばかりで飽きる
  • 男性の場合参加費用が高い
  • 女性陣は参加費用が安いため、途中で退場する人も少なくない
  • 若すぎる女性と話しても時間の無駄

若い女性と知り合えるのは嬉しいのですが、若すぎるのはちょっと話題に困りました。
アラサー男子VS21歳女子だと話題がなくて、学生時代の話とかでお茶を濁すしか無い。婚活しているのに不思議なオーラが立ち込め、お互いに対象外の人とコミュニケーションしているな…という感じでした。

まあ、おすすめはしませんが、婚活の一つの選択肢として一度経験してみるのもありだと思います。

「結婚相談所が最後の砦」という考えはもう古い!ガチで婚活するならすぐに駆け込めっ!

世界最大級の恋愛・婚活マッチングサイト☆マッチドットコム

スポンサーリンク

-コンパ系でのお話