周辺の婚活体験談

私の妻は婚活では引き立て役だった…。年下で嫌な女との婚活

 

私の妻は決して美人ではありませんが、標準よりややポチャでワタシ好みの顔立ちです。
そんな彼女も婚活を始める前の20代後半の頃は引き立て役に駆り出されたことがありました。本人は自覚していなかったようですが、「あの時は間違いなく引き立て役にされていたな!」と今になって思っているようです^^;

元の職場の後輩A美は、目元ぱっちりで小柄で男受けする顔立ち。写真でも見ましたがかわいい系で、上目遣いで男に言い寄りそうな婚活をしていると、高確率で出会うタイプです。

著作者:Muska Hung (改変 gatag.net)

著作者:Muska Hung (改変 gatag.net)

妻は当時28歳、A美は25歳。
妻は、婚活らしい婚活をしていませんでしたが、友達からコンパに誘われれば行っていましたし、結婚を決意できるほどの相手と出会えれば良いなと思っていた時期でした。

A美はぶりっ子娘で男ウケは良いものの、自分の若さを妻や他の自分より年上の同僚に若さをひけらかすことが多かったようです。25歳ならそれほど年齢を気にせずに動けばよいのに、年上の妻に向かって、

「私も四捨五入したら30歳ですよお~!結構やばくないですかあ?早く結婚しなきゃみたいなあああああ~!!」

顔を合わせるたびに必ずぶっ放すこのセリフ。
始めの頃は、

「A美ちゃん、私よりも3歳若いんだから。そんな事言わないでよ!」

と、言っていましたが、同じことばかりいうので、相当妻も頭に来ていたのでしょう。

「30なんてあっという間だからね。25が若いと思っていられるのもあっという間なんだし」

「え?そんなこと言ったら28歳なんて、大ピンチじゃないですかあ~~」

 

 

合コン好きのA美からはよくコンパに誘われた妻。
完全に引き立て役と化していたようです。A美は絶対に自分より若い娘は誘わずに、必ず年上を伴って参加する。見た目も自分以下で年齢が自分以上の連れって、彼女にとっては最高のキャラでしょう。人のよい妻は連れたって行ったそうな。

A美と一緒に合コンに行っても、絶対に妻の方には行かずにA美にロックオンしてしまう安っぽい男ばかりだったそうです。そりゃそうです。相手だってアラサーの男たちだし、出来るだけ年下と付き合いたいでしょう。妻より年下の男性がいたら、彼は間違いなくA美に行っちゃうし。

以前、3対3の合コンに参加した時のこと。
A美は私と29歳の女性を伴い参加。完璧に引き立て役になっていましたが、飲み代はA美が払うとのことなので、節約志向の高い妻はそれなら…と参加。

「29歳さんたちも遠慮しないでね!」

と、上機嫌のA美。太っ腹なところを男性陣に見せつけ、更にポイントを稼ぎたいのでしょうね。姑息な手段を弄する小娘。30過ぎて世間にすれ始めるとこういうことが目に見えてくるんですよね…。私も当時の年齢で同じような目にあっていたとしても、気づかなかったかも。

 

話はA美中心に盛り上がりました。
ぶりっ子は聞き手上手でヨイショ上手。それほど口が達者ではない妻はどうしても引き立て役に。だったら少し高めのお酒でも飲んでやろうと注文。

A美「そうそう、飲みたいものがあったらじゃんじゃん頼んでね~!」

ちっ!やせ我慢が…。どうせ男たちに好印象を与えようとしているんでしょ…。
と、言いつつ酒ばかりかコース以外の料理まで注文し始めたそうです。

 

かなりの額に到達しているはず。

妻はさすがにこれはA美のやせ我慢ではなく裏があると思い始め…。
食事会が終わっていざ、精算!

きっと男性陣が奢る手はずになっているんでしょうけど…そうさせたくはない!何か良い方法はないかと思っていたら、29歳の女性が、

「A美ちゃん!ごちそうさまでした!今日はごちそうしてくれるし、素敵な男性とも知り合えたし…ありがとう!」

この方…おそらく妻よりもA美より煮え湯を飲まされてきたのでしょう。嫌味たっぷりに、みんなの前でA美が奢る手はずになっていることを暴露!恥をかかせたくて仕方がなかったのでしょうね。

ところが、男性の一人が、

「いやいや^^今回は男性陣の奢りってことになっているから…多分A美がアナウンスの仕方を間違えちゃったと思うんだ。だから、今回はうちが出すから!」

A美「私が間違えちゃったばっかりに…。誤解を与えたので、私達女性もいくらか支払いますからあ~!」

見事に良い子を演じきり、29歳の女性と妻が悪者扱いに。
ぶりっ子A美の変わり身の瞬発力、臨機応変力、しかも引き立て役の株を下げて、自分を良い者に仕立てあげる…彼女たちを犠牲にすることすらいとわない!

gf01a201410281700

恐ろしいですね…女性って。

私達って…妻と29歳も勝手に巻き込んでいるし^^;
妻と29歳も申し訳なく思ったので、少しでも支払いをしようとしましたが、男性陣はそれを拒否。

妻&29歳「私達も払いますから」

男性陣「いやいや、本当に結構です」

妻&29歳「はい、分かりました。では次の機会に…」

あっさり引っ込んだそうですw次の機会などやってこないでしょう(実際ありませんでした)。3人共A美をロックオンしていたようですし。

男の場合も…あるだろうな。自分も知らずに引き立て役扱いされていたかもしれないけど、「よし、コンパだ!次こそ…」と、真剣に狙っていましたね。

男と女では事情が違うので一概には言えませんが、男なら圧倒的に不利な環境(参加男性が明らかに自分より上のスペック)でなければ、チャンス!と思って参加した方が良さそうです。

「結婚相談所が最後の砦」という考えはもう古い!ガチで婚活するならすぐに駆け込めっ!

世界最大級の恋愛・婚活マッチングサイト☆マッチドットコム

スポンサーリンク

-周辺の婚活体験談