婚活根性論

婚活していて相手に依存、執着してしまう時 立ちなるための手段3つ

 

私にもありました…。
振られた相手に執着してしまうこと。振られた現実は受け入れられるのですが、立ち直れない、もしかしたら寄りを戻せるのではないか?などと考えてしまいました。でも、これって誰でも陥る状態ですし、肝心なことはどの程度執着してしまうことかだと思います。婚活で失恋 立ち上がるためにやるべきこと

 

強く執着してしまう時
きっぱり振られたと認識できたら、心に傷を負いながらも徐々に熱は冷めていきます。
しかし、前回の記事のようにメールの返信が遅れたり、思い切って告白した後に返事がない、徐々に連絡が途絶えて行くと非常に強く執着してしまいます。

私は比較的立ち直りが早いほうだと思います。
立ち直りが早い=執着心が弱いとも取れますが、一概にそうとはいえません。
執着心を無理やり抑えつけるためのエネルギーを多く費やしていたからだと思います。辛い恋愛を経験した後、「こんなことは忘れよう」「次の恋愛をするんだ」という気持ちを無理やり奮い起こして早く忘れようと日々格闘しまくりです。

この間は執着心が強い状態かもしれませんが、1日立てば1日分執着心が薄くなっていきます。諦めもつくし、ひどい場合は「なんであんな女と付き合っていたんだろ?」「あの女と別れてよかったわ」と思うこともあります^^;

 

著作者:Georgie Pauwels

著作者:Georgie Pauwels

 

早く立ち直るために自分が行ったこと

1.写真、連絡先の削除
写真を見ると当時のことをどうしても思い出してしまうし、ちょっとしたメモ書きのような手紙ですら辛い。すべて処分して気持ちを切り替える

 

2.別れた相手の話をしない

友人や家族に別れた相手のことを話さないこと。

言えば自分の気持ちが晴れると思うかもしれません。
しかし、人間、口にだすと感情が高ぶります。口喧嘩の時もそうですが、相手に言われたことよりも自分がエキサイトして吐いたセリフの方が、発火力があります。自分で言って、自分で聞いて怒ってしまう。それに…聞いている方としてもどうにも出来ないし、いい加減に諦めろよ…としか思えないです。

最近はブログで別れた時の自分を綴り、事細かに自分を分析している記事を目にします。
自分は相手に対して依存症だったのではないか?自分の性格的な闇の部分を無理やり探りだして鬱になったり。それと、「号泣」したとか、「死にたいほど~」なんだか物騒で過激な単語を使う人が多いですね。

失敗したら分析するのは仕事の面だけでいいと思うんですけどね。

自分の欠点をあげつらってブログの記事にして、それから見ず知らずの人からストレスの溜まりそうなコメントを貰って…これって精神衛生上どうなんでしょ?前進するどころか、次の恋愛も失敗したらどうしようかと怯えるんじゃないでしょうか?

私は終わったこととして書いているし、私のような低スペック男でも粘り強く婚活をしていれば結婚できることを書いています。かっこ良く言えば励みになればという思いが強いです。

しかし、ブログで洗いざらい、っていうか、ブログで愚痴るならパートナーと向き合ってそこで徹底的に話しあえよっ!て思うのですが。むしろ不特定多数の見知らぬブログ読者に対して本音を綴っているというか。書いている側はブログに書くことによって、「自分の恋愛は第三者に見られている」という意識が生まれるのでしょう。

  • 曲がったことは出来ない。
  • ずるいことは出来ない。
  • 姑息なテクニックは使わない。
  • 読者から非難されるような行動は取らない。

なんか…そんなオーラがビンビン感じるんですよね。婚活ブログからは。

言ってスッキリするのはわかります。
しかし、別れて時間が経っているのにいつまでも執着するのはやめましょう。

 

3.他の相手を探す

腐って腐って腐り切るのは振られてから二ヶ月間ほどだと思います。
それが過ぎたら婚活をする。出会いを求めているときは忘れられるし、相手が見つけることができたら、そちらに夢中になってしまうもの。元カノとくらべてしまうこともあるけれど、それでもやっぱり現在の彼女の方が楽しいはず。

割りと平気な顔で立ち直りが早い人もいるけれど、それは気持ちを切り替える努力をしてきたか、もしくはそれほどの相手では無かったのかもしれません。
嫌なことは早く忘れるものだし、とにかく忘れようと務めることは悪いことではないでしょう。そもそも執着すること自体悪いことではありません。

結婚だって相手への執着があります。
お互いに強い気持ちで惹かれ合ったからこその結果ですからね。

「結婚相談所が最後の砦」という考えはもう古い!ガチで婚活するならすぐに駆け込めっ!

世界最大級の恋愛・婚活マッチングサイト☆マッチドットコム

スポンサーリンク

-婚活根性論