婚活の現実 婚活中ダメ女

ナイナイのお見合い大作戦を妻と一緒に視聴。…ズルい女は強しっ!

先日ナイナイのお見合い大作戦が4時間スペシャルで放送していましたね!
テレビ用のヤラセだと思って見てしまうと、この手の番組は面白くないのであまり疑り深い目で視るのはやめて純粋な心で視ることですw

お見合い大作戦とは文字通りお見合い。テレビ番組主催の婚活パーティーです。

男性陣は自衛隊。突然の転勤、任務を命じられ家族にすらどんな仕事をしているかを伝えることも出来ませんが、それでも収入は高く安定しております。高スペックです。

対する女性陣もかわいい系、美人系が多かったです。まあ、他にもルックスが普通未満の人もいるのでしょうけどテレビに映るのは綺麗な女性ばかりですっ!もしくはドロドロした争いをする人。

中でも印象的だったのはトリマー女子と販売員女子の友人同士が、一人の男性を巡っての争いです。トリマー女子は茶髪でヤンキー系。販売員女子はちょっとかわいい系のゆるふわ女子。いわゆる清楚系というやつですかね。一般的な男性はトリマー女子よりも清楚系の販売員女子が好みだと思いますし、もちろん私も第一印象という点では販売員女子です。

結果的にこの二人は同じ男性を好きになってしまうんですがね。
販売員女子のやり方があざといんですわ(嫁に指摘されて初めて気づいた)。

 

番組を見続けていると、私の販売員女子に対する好感度は上がりました。
トリマー女子はある男性を狙っているけど、なかなか話しかけられない。見かけによらず内気なところがあり、好きな男性の前ではグイグイいけないタイプです。それを見かねた友人の販売員女子は彼女の代わりにいろいろと彼に質問して行きます。

親友を思うあまりの行為…。
超単細胞な私は販売員女子は清楚系なだけでなく、中身もいい性格だな~なんて思っていましたよ。

販売員女子にも好きな男性はいるのに、フリータイムではその男性の元へ行かずにトリマー女子のサポートに回っていました。さすがに私ですらこの行為は「おや?」と思いましたよ。
妻はこれを見て鼻で笑っていましたw

生まれたばかりの息子を寝かしつつ、口元に笑いが…。この笑い方はちょっと怒っているパターンです^^;

 

「完全にこの女(販売員)はトリマーを出汁にしているよね?『親友を助ける』のを理由にして他人が狙っている男を横取りするタイプ。ビッチだよ。この販売員」

 

そうか~!

適当にアシストしながら彼女の狙う男性を横取りすべく、自分を売り込むビッチかよっ!販売員女子って天然(多分養殖だけどね)を装ってあっけらかんとしていて、親友の好きな男性を奪うことに対して罪悪感がゼロだったということです。

販売員「帰り同じ飛行機なのに~しかも隣同士で~w」

うわああ~!もう嫁も怒っていましたよ!
私のような単細胞は言われて初めて「あ、そうか、この販売員悪いやつなんだ~」と思う程度でしたし、世の殿方も販売員女子の悪行には最後まで気付かなかったと思います。

販売員女子めが…。

ツーショットタイムでも、清楚系、友達を思う系の良い女を演じていました。いや、全然良くないんですけどね。ツーショットタイムなのにトリマー女子がロックオンしている男と話している最中「本当は私も話したいんだけど…トリマーの馬鹿が待っているから…あのバカと話してやって」的なことを言っていたしな。気遣っている素振りだけど…これは明らかに「自分は友達思いの良い人よ」とアピールするためのテクニック。

で、結局その男性が選んだのは販売員女子。

著作者: Kazuki Koikeda

著作者:Kazuki Koikeda ※写真は関係ありません!

世の中の男は販売員女子みたいな女性が好きなんです。

  • 気遣いが出来て、自分を可愛く、人が良さそうに見せるのが得意な女。
  • ゆるふわ系(これもほぼ計算されている)

でも、女性(妻)の視点から見るとトリマー女子は見かけや口調こそヤンキー系だが、司馬懿仲達ばりに策略をめぐらせることもなく、割りと素直で良い子という印象に変わっていきましたが、販売員女子は見かけ以上に腹黒い。いや、腹黒さを出来るだけカモフラージュするためにゆるふわかわいい系を装っていると判断。

「結局男はこんな女を選ぶのよ」

多くの男性はこのタイプを選ぶ。彼女の腹黒さを知らないまま…好きになる。

 

勝負にも戦にも勝ってしまった販売員女子。妻の感想とあの二人のやりとりを見ていると、今までも似たようなことがあったんじゃないかな・・・と思いました。

トリマー女子が惚れた相手を販売員女子が上手くたらしこんだり、服や装飾品のチョイスでも同様、トリマー女子を陥れていそうです。一緒にウィンドウショッピングに行っても、「トリマーにこの服似合うよお~!」と服を薦めておきながら、翌日販売員女子がすぐにこの服を購入したりとか。

販売員女子「ごめん買っちゃったあ~!」
トリマー女子「あ~似合っているよお!」

トリマー女子は販売員女子の腹黒さに気づいていないから二人の友情がどうにか保たれているんだと思います。トリマー女子は『販売員女子は親友。味方である』と素直に思っているはずだし、ある意味鈍感力が非常に強い娘だと思います。

女性って怖いよなあ…。テレビで見るとお見合い大作戦は和やかな雰囲気に見えなくもないけど…現場は血走った眼で獲物を求めて徘徊しているハンター達ばかりでしょう。婚活ってそんなもんさね!

婚活だって非効率的なことを繰り返して効率的にしていくべし

出会いと婚活 運命の出会いは自分で手繰り寄せろっ! 

婚活は楽しいのか?婚活における取捨選択

世界最大級の恋愛・婚活マッチングサイト☆マッチドットコム

スポンサーリンク

-婚活の現実, 婚活中ダメ女