婚活の現実

結婚願望が強いとか独身願望が強いとかのアンケートはあてにならない

日本人はランキングやアンケートが大好きで、自分と同じ考えを持つ人がたくさんいるとなんとなく安心したり、自分の行動や考えが正しいと思ったりします。

でも、アンケートって無作為で選んだ1000人とか500人とかランダムなんでしょうけど、調査のたびに結果がまちまちです。例えば、ある調査では結婚願望のない人たちが多く、ある調査では結婚願望のない人が多いとか。⇒結婚したくない!彼女もいらない!セックスもいらない!どーなってんだ…若者たち!

以前の記事では結婚はコスパが悪いとか、メリットを感じないだとか、セックス願望が無いといった人が大多数を占める内容でしたが、今回は若者の結婚願望の強さをアピールする記事が載っていました。

http://news.mynavi.jp/news/2015/06/30/026/

著作者:油甲桂

著作者:油甲桂

「婚活は焦るな」とか「自然体にしていればいい出会いがある」と、言われていますが、焦ったら即行動した方が良いですね。男性でも20代半ばまでなら「将来的に結婚はしたいと思う」でいいのかもしれませんが、アラサー、30代半ばになってから同じような事を言っている人はなかなか結婚できません。また女性はもっとシビアですから「将来的に結婚はしたい~」と言っている20代半ばの女性は婚活した方が良いです。

ただ、結婚したい理由として、家族を安心させたい、適齢期だから、会社から薦められたからなど受動的な形で婚活をする人も多いことです。このような現象を見ると結婚に対してあまりよい展望が開けない、メリットを感じられないと思っている人が多いのでしょうね。

結婚のメリット…を突き詰めて考えてみると、メリットなんて数えるほどです。実際一緒に暮らしてみるとメリットよりもデメリットの方が多いのではないかと感じることは多々あります。
結婚したくない理由

  1. 自分の時間がなくなる
  2. 一人もしくは子どもたちに縛られたくない
  3. 責任を取りたくない
  4. お金がかかるのでしたくない
  5. 遊べなくなる。趣味ができない

わかります。結婚してからですと自分の時間がなくなります。

「独身の頃は自由な時間があったのに…」

と思うことは多々あります。

しかし…。人として生まれて自分勝手なことばかり言っていても人間的に成長できないんですよ。前にも書きましたが、独身者、子無し既婚者、子あり既婚者では人間の成熟度としては右に行く程高いと思います。

根性論に聞こえるかもしれませんが、結婚すると我慢することも多いし、責任も増します。子供が生まれれば親としての自覚が生まれますし、自分以外の人のために本気で頑張る心意気が生まれます。上記5点が理由で本気で結婚したくない人に結婚しろとは言いません。

しかし、結婚はめちゃくちゃしたいけど上記5点も捨てがたいという人は…捨てなければなりません。物質的に豊かになり自由な暮らしを送っていると、ちょっとでも不自由なことはしたくなくなります。結婚すると不便です。でも妻子ができると人間的にグンと成長できます。

それもまた人間的な魅力だと思います。もちろん、異性にもてるための魅力ではありません。既婚という目に見えるステータスではなく、にじみ出てくる責任感、仕事のやり方一つ見ても信頼できそうな人柄…が魅力です。
結婚するかしないかを突き詰めて考えると、結婚しないほうが良いと思ってしまうのは当然のこと。だから考えてするものでもないし、アンケートを見て一喜一憂するすることでもないんですよね…。結婚したいと思ったら迷わず婚活して、結婚して日々一生懸命生きるのみ…ですなっ!

ツヴァイで妻と知り合いゴールイン!

ネット婚活はとにかく色々なサイトに登録して「待つ」ことも大事だ。

世界最大級の恋愛・婚活マッチングサイト☆マッチドットコム

スポンサーリンク

-婚活の現実