婚活の現実 婚活ノウハウ

ダメでも婚活で女性経験値を稼ぐしか無い!結婚したいのに結婚できない結婚格差

2016/01/14

 

  1. 経済状態の変化
  2. 交際機会が増えた
  3. 男女ともに自己意識が高まってきた

 

  • 経済について、

昔は賃金の男女の差がありました。男女雇用機会均等法が出来る前は男女の賃金の格差はありましたし、男性感の格差が若いうちはほとんどありませんでした。歳を重ねれば年功序列制がしっかりと機能していたので、勤め始めこそ賃金は低いものの年齢にともなって給与が上昇していくことがほぼ確実に保証されていました。

現在は男女共に新卒賃金はほぼ同じ、入社後数年は差は殆どなくなりました。
男女間の賃金差が縮む一方、男性の間では賃金格差が拡大。非正規雇用やフリーターです。18歳以上35歳未満で未婚の男性の3割以上が非正規社員となりました。最近景気がよくなり有効求人倍率が云々となりましたが、正社員の数がはね上がったわけではありません。

http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11602000-Shokugyouanteikyoku-Koyouseisakuka/0000037226.pdf

正社員でも昔のように年功序列制が機能することもなく、一部の大手や公務員、業績の良い企業だけが実施しており、多くの企業は「成果主義」の大義名分を元に従業員の給与を上げずに済んでいます。本当の成果主義を理解していない企業も多いし、基準が曖昧なのでモチベーションが上がらない人も多いでしょう。私もです。

賃金が低いと、

  • 出会っても女性に選ばれにくい
  • 恋人となっても結婚に踏み切れない

a43ea6586203855584bb1fcd94cfab0f_s

  • 自己実現意識の高まり、ライフスタイルがマッチしない

社会状況の変化の2つ目は自己実現意識の高まりです。好きな仕事、やりがいのある仕事、趣味を充実させ、語学などの資格を取得して自分を磨き将来に備える人が増えました。結婚生活も自分のライフスタイル、生き様が自分とマッチしていないと一緒に過ごせないという人たちも増えてきました。

子どもの教育方針、仕事と家事の分担など…。
昔でしたら、家事は妻、子どもの教育も妻に丸投げして、男性は夜遅くまで働いて残業代を稼いでいればOKでした。

家のことは何もしてくれない、子供の面倒は見ない。週末は週末で家でごろ寝などと不満もありましたが、生活スタイルや価値観についての不満はありませんでした。

現在は育児方針、ライフスタイル、価値観、趣味、家事の分担などうまくすりあわせていかないと共同生活が困難になるケースが出ています。趣味や価値観が合えば一緒に暮らすことも難しくはありませんが、ピッタリあうことは稀ですし、最近は趣味が多様化しています。結婚するまでが大変なのは上述したとおりですが、結婚してからも価値観、教育方針を巡っての衝突が頻発し、結婚後もライフスタイルのすり合わせで苦労することが多くなりました。

私と妻ですが価値観はほとんど似ていますし、家事の分担、週末の過ごし方、家族は常に一緒にいたいという根本的なところが同じなので助かっています。収入は低いですけど。

そう、収入の低さも問題です。
ライフスタイル云々に加えて、肝心なのが経済状況です。女性にも働いてもらいたいと思っている男性と、結婚後は専業主婦、永久就職を望んでいる人が一緒になるのはほぼ不可能です。

このため、勢いに任せて結婚したとしても結婚生活が続けられるかわからない。結婚に踏み切れない男子がいてもおかしくはないんですね。

 

  • 交際の機会が増えると目が肥えていく

変化の3つ目は男女の出会いの機会が増えたことです。増えたのなら安心じゃないかと思いますが、出会いが増えることによって異性を見る目が養われていきます。昔は男性女性共に20前に恋愛したり、友達付き合いすることが少なく、職場での出会い、お見合いで知り合った人とすぐに結婚してしまうことが多かったのですが、今は中学生、ヘタすると小学生位から恋愛している人がいます。これで目が養われ、ある意味すれて来るんですね。そのため、そう簡単に異性を好きになりにくくなってしまったのです。

更に、モテ男子と言われるように、頭ひとつ2つ抜きでた男子が多くの女性から好かれるケースもあり、男性は女性との経験値が高いほどモテるので、元々モテる男子が経験値を積むと手が付けられません。モテないキモ男にとっては超サイヤ人と同じです。

女性との交流を深めていくと男の経験値は上がります。恋愛経験のある男はどうしても魅力的になってきます。童貞、恋愛未経験の痛々しい羞恥心がなくなり、堂々としているので、そこが私のような雑魚キャラとは全く違います。

24234724bb0affd6a81a49e728b7e6b7_s

男性の経済的魅力、コミュニケーション的魅力
婚活をしているとこの2つの魅力はモロに影響します。
あまりスペックが高くなくても、婚活慣れした男であればそこそこ頑張れますし、収入が低くても相手を見極めてアタックすればお付き合いを始められます。

経済的なことについては、男性も自分が女性を養っていく、男女平等と言われる世の中になっても女性の7割以上が男性に養ってもらいたいと望んでいます。逆に、経済が不安定な中、より強固な経済的基盤の男性を望むようになりました。

男性については経済的魅力が一番でした。昔は上述のように年功序列制が機能していましたから、多くの人が結婚できたんです。現在は非正規社員に給与が入社以来ずっと固定の正社員もいます。新卒で入社して以来、アラサーになっても給与が変わっていなかったら、女性も不安に思うはず。

男性としてはコミュニケーション能力を磨いたほうが手っ取り早そうです。いや、手っ取り早いというよりも、自分の努力が反映されやすい分野です。年収上げろとなると難しいですので。

女性経験のない人はまずは経験値を詰みましょう。

詰み方は過去記事にも書きましたが、別に恋愛に発展しなくても同僚の女性や、お店の女性と話すなど女性と無理矢理にでも話す機会を増やしていけば徐々に上がっていきます。

婚活をしていけば嫌でも経験値は上がってきます。やっぱり数ですね!

あなたにとっての結婚相談所のメリット!内気でコミュニケーション能力が低いけど、安定した家庭を築きたい人は結婚紹介所へGO!

婚活放浪した人にもおススメ!私もここで妻と知り合いゴールイン!!ツヴァイ

ネット婚活はとにかく色々なサイトに登録して「待つ」ことも大事だ

世界最大級の恋愛・婚活マッチングサイト☆マッチドットコム

スポンサーリンク

-婚活の現実, 婚活ノウハウ