婚活ノウハウ

婚活初対面で、過去の恋話は禁句。それがたとえ面白ネタでも

2016/01/14

 

「過去の恋話はタブー」

こんなこと言われなくっても解っていることでしょう。

でも、男性の場合は逆で相手の元カレ話を聞くのって大好きなんですよ(笑。
何故か聞き入ってしまう。どんな男で、どんな職業についていたのか、学歴、収入、性格、交際年数などなど…。そんなこと聞いても仕方がないのに、交際後に元カレの話を聞いてしまうんですよね。

gf01a2015032914004ha86

でも、女性に関しては全く逆です。
あなたの元カノの話なんで毛ほどの興味もありません。
親しくなってからは聞いてくるかもしれませんが、基本的に女性は自分の彼氏の元彼女の話なんて聞きたくないものです。

「婚活中、せっかく二人きりになったのに元カノの話をする」

完璧なNGです。

 

私も婚活中に話してしまったことはありますよ。
こちらから話してしまったことは一度だけでしたが、相手から聞かれたから話したというパターンも数回あります。

話題に困って話してしまったわけではなく、学生時代の話しをしている時にポロリと出てしまいました。

また、私が割りと女性に元カノのことを聞かれるのは、私との話題に困ったか、「こいつこんなキモくて彼女なんていたことあんのかよ?」とわけの分からない猜疑心があったのかもしれません。

「こいつにいるわけねーだろwちょっと聞いてみっかw」

程度かもしれません。

私も馬鹿真面目だったので、それにいちいち応えてました。とはいえ、いちいち応えるほど恋人はいませんでしたけどね。

そんな時は自分が振られた時のエピソード(ってかこれっきゃ無いw)や、ネタ的に使えるBさんとのお話は受けが良かったですが、人の不幸話を楽しそうに聞く女は性格的にどうなのかな・・・と。この記事を書いていて思いました。

 

 

相手の心を探るためには過去の恋愛話を探るのがいいのですが、それは学生時代のコンパのノリ。婚活ではご法度と思って下さい。

男の場合、自分の付き合った女性の数を誇るため、婚活相手がどれだけの数の男たちと付き合ってきたかを知りたがります。

「元彼どんな人だった?」よりも「何人の男と付き合ってきたのか?」にもっと興味が有るのです。それに、男にとって「彼女にとって初めての男」になることに価値を見出します。初めての恋人、初体験の相手である…。

片や、女性にとっては彼にとって最後の女になることに価値を見出します。

男は女の数にこだわります。昔から権力のある男性は正妻以外にも妾を多く抱えていました。

男には昔の彼女を心の片隅にしまっておく傾向があります。何かの折りに思い出して、彼女が困っていたら助けようとしたり、別れても何かあったら彼女ために何かしてあげたいと思っている男性はずいぶんいると思います。

だから、彼女にとって最初の男であれば、今後出会う男性たちよりも自分は特別の位置にあるのだと思ってしまう。

同窓会などで学生時代の友達に出会うと、だいたい初めて付き合った女性について語りたがりますし、初めての彼女(元カノ)に対して特別な感情を抱いているのが丸わかりです。

世の平均以上の外見をもった男性が羨ましいぜ…。

 

では、女はどうかといいますと、男性のような感傷的なものは持ちあわせてはいません。男性と比べて未練たらしくないし、昔の彼は昔の彼であり、次の彼のことしか考えていません。

女性は付き合った男性の数よりもどれだけ良い男と付き合って来たかを重視します。

男性が質より量だったら、女性は量より質です。

ですから、良い男性を見つけて最初の女よりも「最後の女」になりたがります。

「男に忘れられない存在になりたい。それがダメなら忘れられない女になりたい」

忘れられることは女性にとって屈辱ですし、別れるのだったら相手に嫌な思い出も何でもしてとにかく自分のことを相手の記憶に留めておく行動をする。

別れ際に女性がやぶれかぶれの行動を取る時がありますが、そんな心理が働いているのではないかと思うのです。

とにかく、相手の心に自分を刻み込んで特別な存在としていつづけたいという気持ちは、男女ともにあるような気がしますね。男の場合は勝手に「俺は彼女に特別だ!」と思っているだけでしょうけど^^;

いつもどおり話がそれてしまいましたが、婚活相手に前カノのお話はご法度。
昔の恋人については、心のなかの特別な存在としていつまでも残しておけばそれで良し。あえて婚活で引っ張る引き出しではないのですな。

婚活放浪した人にもおススメ!私もここで妻と知り合いゴールイン!!ツヴァイ

ネット婚活はとにかく色々なサイトに登録して「待つ」ことも大事だ

世界最大級の恋愛・婚活マッチングサイト☆マッチドットコム

スポンサーリンク

-婚活ノウハウ