婚活ノウハウ

プロフィール 自己紹介はきっちりと書く!

2015/03/31

自分が婚活を始めた頃は今ほどネット婚活が盛んではなかった気がする。

だいたい…自分のように婚活に10年ほど費やした男はいないと思うけど…まあ、当時はネットをあまりに見ない方だったし、友人から婚活パーティーの噂を聞きつけてはそれに便乗している感じでしたね。
でも、最近はネットの方がてっとり早いと思います。

私自身もツヴァイで今の妻と結婚に至ったし、メールから始まるのは今の若い人向けでもあると思います。

まずはネットの婚活サイトに登録。
出会い系と聞くとイマイチ胡散臭い気がするかもしれないが、そんなことはない。当たり外れがあったり、カネ目当てで適当な相手を見つけて遊んでやろうと考えている女もいるにはいるが、そんな人はだいたいすぐにわかります。

と言いつつ、実はカネのことが問題となってひどい目に遭ったことがある…。それは後日書くとします。
プロフィールに使う写真と自己紹介文は、婚活を始めた時はずいぶん迷いました。

自撮りしようとするとうまく映らないし、めちゃくちゃな遠近法で顔の形がおかしくなるし、着る服もきちんと選ばなければならない。

私服のカジュアルさを表に出すのも考えたけど、やはり男性ならスーツが無難です。別にブランド物がいいとかそんなの関係ありません。クリーニングおろしたてのもので十分。何度か撮り直したけど、やっぱり自分で撮るとうまく行きませんでした。親にとってもらいました(笑)。

婚活ファッションって何?最低限押さえておきたい主要ポイント5つ

自己紹介文について
これがまた難しい…。私のような4流大学出身者や、1流大学出身者の人って学歴が書きにくいと思うんですよ。4流大学だと馬鹿にされるかもと思うし、1流大学の人はあまりに自分が高スペック過ぎて「女性が引くんじゃないか」と考えてしまうと思う。

自己紹介文については何度も変更した。
手紙やメールと同じで夜に書くとどーも…感情が入りすぎてしまう気がするし、かと言って普通すぎるのも面白く無い。

自己紹介文は大した影響はないと思うなかれ。

何度も書きなおしてより良い紹介文にしていくと、後から結果が…女性から声をかけられるようになります。

ツヴァイで妻と知り合いゴールイン!

ネット婚活はとにかく色々なサイトに登録して「待つ」ことも大事だ。

世界最大級の恋愛・婚活マッチングサイト☆マッチドットコム

スポンサーリンク

-婚活ノウハウ