婚活根性論

最後に良い女性と結ばれれば良い!

2016/01/14

 

婚活をしていると、どこからか必ず雑音が聞こえてきます。
友人だったり、同僚だったり、家族だったり。

仕事や勉強で結果オーライというのはあまりよい評価を与えられません。きちんと計画して、リスクを考慮した上で万全の体制でのぞむ。特に仕事ですと、行き当たりばったり、見切り発車した挙句結果オーライだったとしても、抜け駆けの功名並に批判されることもままあります。

 

しかし、結婚については全て「結果オーライ」です。

資産家や社会的地位の高い方、何か事業を行っていて、自分に釣り合った家柄じゃないとまずいので両親にターゲットを絞ってもらってお見合いして、両親の思い通り結婚する…。

前時代的かもしれませんが、このような例外を除くと、一般庶民は自由恋愛(お見合いもパーティーもネット婚活も含む)を経た後に結婚します。

出会いは何でも構いません。自分が良いと思った女性と結婚できたら目標達成です!人生に一区切りをつけ、新たな生活がスタートします。

結果オーライでいいんですよ。

婚活を通じて得たもの、悟ったもの

d64ec3e86139b55d0244dc02fe5d1598_s

でも、婚活をしていると「出会いのパターンにこだわる輩」が多い。

婚活パーティーやコンパで真剣にパートナー探しをしている人は、ある程度の現実を認識していると思う。でも、未だに「結婚相談所にお願いするのは恥ずかしい」と思っている人も少なからずいます。私の友人や同僚でも結婚相談所は最後の手段で、行き場の無くなった人が高い金を払って無理やりパートナーを探すというイメージです。

最近の結婚相談所は質も上がってきているし、詐欺まがいの行為はずいぶん少なくなりました。また、結婚相談所に頼るのはちっともおかしなことではありません。

ちょっと婚活して、パートナーが見つからず、メール交換しても後が続かなくて諦めた連中が、俺本当に結婚できるのかなあ…なんてちょっと壁にぶつかったただけで「人生自然な出会いが一番。これからは無理に婚活はしない」とこぼす人がいます。

 

違いますから…

 

現実逃避をせずに真剣に相手を探さないと見つかりませんよ?そもそも自然な出会いが無かったから出会いを求めて婚活をしたわけです。日々の生活を送っている程度では異性との出会いがないのに、婚活せずにどうやって出会いのチャンスを作っていくんですか?

友人、同僚で婚活について相談されたら、このようなセリフを常に吐いています。

何なんでしょうね…。恋愛や結婚に関しては自然さとか、うやむやではっきりしない耳に心地よいことしか入ってこない。

婚活を中断して休むことはもちろん必要です。

でも、婚活を諦めて自然な流れに任せる。自分磨きに集中するのは現実逃避だと思います。

婚活はぶっちゃけ疲れるし大変です。
20代半ばの勢いは回を重ねるごとに失い、アラサー、30代半ばになっていくと精神的にもきつくなってきます。

女性と結婚できるまでは何回でも負けまくります。でも、最後に一回だけ勝てばいいのです。100回負けても、諦めずに続けて101回めにして結婚が実現すれば、終了です。勝ちです。

婚活をしていないくせに、私の話を聞きたがりアドバイスしてくる奴がいます。

「偉そうに恋愛論を語ってくれちゃう暇があったら紹介してよ」

もし、そんなことを言われたらこのように言い返してあげましょう。
いかに婚活で頑張ろうと、結果を出さなければ誰からも評価されない、振り出しからやり直しなのが婚活。結果オーライな分、結果が出ないと終わらないんです。

ネット婚活はとにかく色々なサイトに登録して「待つ」ことも大事だ。

ツヴァイで妻と知り合いゴールイン!

世界最大級の恋愛・婚活マッチングサイト☆マッチドットコム

スポンサーリンク

-婚活根性論