婚活の現実

婚活していて焦るとき

2016/01/14

77cc221578a1e0c1478ae0683a28d155_s

「女は結婚で逃げれるからいいよな」
「女は主婦になって永久就職」

こんなセリフは大嫌いですし、最近は自立心旺盛な女性も多く、働きたいけど働きたい女性も数多くいます。

私がまだまだ婚活で焦りまくっていた20代後半。この頃は婚活をしていたけど、自分より年増の女性との出会いが多かった頃です。私の先輩で当時37歳の女性は、男っ気ゼロで浮ついた話が全くありませんでした。

女性はいくら男性との交際を隠しても、服装や雰囲気で男がいるなというのはすぐにわかってしまいます。長い時間一緒に仕事をしている同僚や上司であれば、簡単に見抜いてしまいます。

その先輩は一見おしとやか、口数も少なく、ロボットのように仕事をこなしていくお局様でした。お局と言っても『大奥』のように女官の天辺に君臨して威張り散らしたりはしませんでしたが。 その分、仕事にも精通していてなんだかんだ言いつつも頼れる先輩でありました。私はその方との関係は比較的良好でした。同僚たちとは一歩も二歩も距離を置く女性でしたが、私とはよく会話をしました。

上司の言うことにも逆らわず、プチセクハラ発言に対しても柔らかく躱していましたね。

社内内部の体制が変わりつつあるときでした。
人員整理(多分社内政治の関係)が行われ、下っ端はほとんど影響ありませんでしたが、課長クラスに人事の異動が行われました。年度末でもないのに。

うちの部門の頭も変わり、雰囲気が一変仕掛けている頃でした。
その先輩が突然の辞職宣言。理由は「結婚のため」

社内がきな臭くなり始めてから婚活を開始。3ヶ月程度の婚活で相手をすぐに見つけてしまったようです!37歳で…しかも超速攻ですっ!

私は驚き、先輩を呼び出してランチを食べましたが、やはり本当のようでした。婚約指輪も見せてもらったし、話によると40歳の男性。

「別に外見とかは好みじゃなかったけれど、年収とか将来のことを考えるといいと思った。それとね、はっきり言ってこんな会社にいても一生うだつがあがらないし、ロボットみたいに働きたくないから結婚するわ。子供だって今ならまだ1人くらいは産めるかもしれないし」

 

ズバッとおっしゃってくれました^^;

「へえ・・・」くらいしか相槌が打てませんでした。

そんなセリフを口にする先輩も初めてでしたし、そこまで計算して生きているんだなあと感心しましたね。

 

で、退職金を受け取った後、身辺整理を行うために彼女が来社。

ことの経緯は知りませんが、いきなり彼女が怒っているシーンに出くわしました。あとで他の職員に聞いたら、部長が彼女にセクハラ発言「どうせ永久就職。女性は結婚に逃げれるからいいよな」的なことを言ったためです。

「結婚が逃げ場?別にいーだろーがっ!結婚できないでウジウジ独身でいる野郎どもばかりだろっ!」

せ、先輩っ!?

この時はめちゃくちゃ焦りました!
いつもの先輩とはまるで別人!

くしゃみしたランチさん並にブチ切れた口調だったので…思わず胡椒を探してしまった(嘘)!

「こんな職場にいるから婚期が遅れたんだよっ!!」

 

げっー!?

 

職場のせい!?

この時は婚活とか頑張っていましたからね…既婚者の部長よりも凹んだ覚えがあります。ぺん輔には堪えましたよ、先輩。
怒りの妖精フューリーに取り憑かれてしまった先輩でしたが、後日私が彼女に連絡した時は、「ごめんなさ~い」といつもの先輩に戻っていました。

でもなあ・・・あんな本性を隠し持っていたとは。

旦那さん今頃苦労しているんだろうなあ…。

ツヴァイで妻と知り合いゴールイン!

必死になって婚活している女子は本当に金とルックスだけが目当てなのか

世界最大級の恋愛・婚活マッチングサイト☆マッチドットコム

スポンサーリンク

-婚活の現実