婚活根性論

女性の持つ3つの特徴 女性は現実的

2016/01/14

 

前回、男性の特徴3つについて書きました。

 

男性は主に狩猟脳を持ちあわせており、夢や目標を掲げながら日々の仕事を続け、目標を達成するための戦略を立てていく思考が発達しています。

男性の持つ3つの特徴 婚活で自然に発揮している力

女性に関しても3つの特徴があります。

  1. 採集脳 現実的な考え
  2. リスクを回避する
  3. 適応力

a43c687fa366307245ea35b52846fd6b_s

1.現実的な女性

採集脳は狩猟脳と比べて、物事を現実的に考えます。
狩猟の場合、その日に獲物を得ることができるか、または一定期間の間に獲物をとれるかはやってみなければなりません。季節や場所などを計算には入れていますが、あくまで目安です。

女性は主に植物や海産物の採集です。
ある季節のある場所にいけば、木の実や果物、野菜などがほぼ確実に手にはいります。習慣化されたサイクルの中、どうやって各自に収穫していくか、そこには男性的な戦略はほとんどありません。近世までの女性の社会的な地位を考慮に入れても、策略をめぐらして活躍した策謀家は女性にはほぼ見られません。

確実に安全に獲物を採取していく能力が備わっています。

 

2.リスク回避
採集と言っても、そこには食べられる植物と食べられない物を識別する能力が必要です。現実を見据えて、問題なく口にできるかを判断する能力は女性の方が高いですし、何より妊娠出産、育児をするため、狩猟生活者の中では非常にひ弱な存在です。身動きが取りにくいため、外敵にも狙われやすい。そこを襲われてはひとたまりもありませんから、瞬時に敵か味方かを見抜く能力も必要です。

目の前の安全に非常に気を配るのです。

現代でも、女性同士の争いは水面下で起こっており、陰湿であるとか、足の引っ張り合いだのとよく言われます。女性同士での付き合いでは、「自分にとって的か味方か」はすぐに判断しなければならないのは現在でも同じなんですね。

婚活中ダメ女

3.適応能力が高い
男性の場合、逆境に立たされると何とか現状を打破しようと思い、様々な方法で脱出しようとします。獲物がデカすぎて捕れないのならば、小さな獲物を数多く取って現状維持を図ろうとするのではなく、より強力な武器を作り、組織的に行動することによって大きな獲物にチャレンジします。

女性の場合は、現状打破よりもその環境に慣れようと努めます。現実を受け入れ、それに適応するように努力する傾向があります。

よく、海外で生活していても女性の方が外国の生活に順応しやすかったり、現地の人との交流も男性と比べて積極的です。

私は男女の欠点について述べたのではなく、狩猟時代から現代社会へと変わっても絶対的な性差はあるし、本能的な部分はあまり変わっていないということです。

男女の問題、婚活を考える上では原始的な生まれ持った性差も頭に入れておかなければなりません。

ツヴァイで妻と知り合いゴールイン!

ネット婚活はとにかく色々なサイトに登録して「待つ」ことも大事だ。

世界最大級の恋愛・婚活マッチングサイト☆マッチドットコム

スポンサーリンク

-婚活根性論