婚活の現実 婚活パーティーでの出会い

断るならすぐに!婚活を長引かせたくないから早く切ってよ!

2016/01/14

知り合ってから二人っきりで食事をしてお互いを知る。

1度や2度の話で合う合わないはわからない時もありますが、私の場合、大抵ダメだなってのはわかります。

女性が悪いのではなく、おそらく私に何らかの原因があったのだと思う。そうかと言って、いちいち自分はダメだと思っていたら全く前に進めませんから、マナーや会話の流れで非礼がなかったか。相手の気を悪くするような事を言っていないようであれば、それは仕方がありません。

私がダメだなと思った時。

  1. 相手が私に対して完全に興味を失っているw
  2. 私の年収や会社の規模を知られた時
  3. 話題が盛り上がらなかった時

これらは食事をしながら話しているとすぐに分かります。

1.興味が無い

話が面白くもないのに、無理して合わせているとか、スマホや携帯を目にする回数が多くなる。もう、興味を失っている状態です。

1,2時間話したけど、やっぱり面白く無いと感じていると見計らったら、「さあ、もう行こうか」と言ってあげてください。

「うん♪行こう!」

と、嬉々として席から立ち上がってくれます(T_T)。

別にホテルに行くわけでもなく…帰りの電車に乗るために駅の改札まで送るだけです。心なしか、後ろ姿も元気ハツラツとしてスキップ踏みそうな勢いです。

 

著作者:David Photo Studio

著作者:David Photo Studio

 

2.会社の規模や年収を知られた時
他人の年収を遠回しにしつこく何度も聞いてくる女がいやがります。私も最初の食事の時に聞かれるのはいい気分ではありませんし、ぶっちゃけ頭に来ます。

「ボーナスとかって何ヶ月出るんですか?」

「家賃って月収の3割程度って言うじゃないですかあ?(知らんかった^^;)7万円くらいですかあ?生活費とかもあるし、貯金って大変ですよねえ」

「残業多いですか?残業代って今全部でない会社多いですよね。そっちは(略」

はっきり400万円程度だって言ってやったこともあります。
向こうも「こいつあんまりおもしろくもないしブサ面だし。でも、万一年収が高かったらもう少しつきあってやるか」ってことなので、年収を聞かれたら諦めモードに入っていましたね…婚活後半は。

年収を聞いた途端素っ気ない態度を取る人もいましたが、婚活女性といえども鬼ではないので、そんな人ばかりではありません。

「年収だけじゃなくて自由な時間とか(略」

「少しずつ上がっていくものだし、役職手当とか家族手当とか」

諦めがついたのか、妙に励ましの言葉をかける女性たちもいました。嬉しいどころか悲しいですよ(T_T)

3.話題が盛り上がらなかった時
まあ、これは1.とかぶりますね。
婚活パーティーでは盛り上がったけれど、実際二人きりになると話がいまいち盛り上がらない。私の方で彼女に対して期待値を上げまくってしまったからでしょう。また、彼女も私に対しての期待値が高かったのかもしれません。
期待値が高いのに、なんとなく面白くなかったり、年収のことばかり聞かれると興ざめしますよね。

大雑把に3つの原因を書きました。
それでも、婚活前半の20代の頃は後日彼女から連絡があったりまた会いませんかとなると、「まだ脈がある」なんて思っていました。
婚活後半は、年収の話をした後はこちらもやる気が失せていました。

続くと思って付き合ってみると結局切られます。5,6回二人で合うのを繰り返していても何にも変わらない。

「切るなら早めに切ってくれ!」

相手にとっては自分の気持ちが変わるかもとか、いきなり切るのも可愛そうだからとでも思っているのかもしれません。でも、こちらにとってはいい迷惑。

結婚てのは一生ものです。独身で30年、仮に75歳まで生きるとしても、40年以上連れ添う相手ですからね。自分に合わないと直感できた場合は早々に諦めて、次に行くぐらいの気持ちも必要です。

ツヴァイで妻と知り合いゴールイン!

世界最大級の恋愛・婚活マッチングサイト☆マッチドットコム

スポンサーリンク

-婚活の現実, 婚活パーティーでの出会い