婚活パーティーでの出会い

従妹が震災破局から立ち直って結婚!

2016/01/14

 

いや~!良かったです。小さいころ仲が良くて、よく遊んでいた従妹がようやく結婚出来ました。彼女は32歳。

以前から婚約者がいましたが、その彼との結婚ではなく、別の男性とです。

前の婚約者とは同棲生活も2年ほどで、結婚前提にお付き合いしていましたが、彼の収入が低く、彼女は超激務のブラック企業に就職中でした。給与はそこそこもらっていたましたが、何しろブラック企業のため残業したら家に帰れない(終電逃し)、翌日もそのまま勤務という超激多忙。

 

よく死ななかったな…。

77cc221578a1e0c1478ae0683a28d155_s

彼氏は彼氏で自分の夢を追うとか何とか…フリーターみたいにふわふわと暮らしていたそうです。

彼女たちは茨城県に住んでいましたが、2011年3月11日東日本大震災が発生。未曾有の災害だというのはご存知ですので、ここで詳細は割愛。

彼女はその時東京で勤務中でしたので、当然帰宅難民です。でも、ブラック企業に勤めているだけで帰宅難民状態だったので、迷わず会社に宿泊。異常事態でパニック状態でしたが、会社に泊まるなんて彼女にとってはいつものこと。

で、翌日電車が復旧し始めたのちに帰宅。

彼氏からは「なんで連絡が遅れたんだ~!」と説教。事情が事情ですし、あの時は携帯の回線なんてほとんどつながりませんでしたからね。

彼の実家は静岡県。

「親が心配しているからさ、俺ちょっと顔出してくるわ」

彼女はいつもどおり出勤し、家に帰ってみると…

彼氏の所有物が全て空になっており、DVDとかまで持っていかれていました。
従妹はすぐに彼へ電話しましたが、メールも電話も全てスルーされて音信不通となってしまいました。

地震にビビったのか、彼女との関係を終わらせたかったのかわかりませんが、破局しました。

 

震災離婚ってのがあるそうですね。
普段の生活では全く見えなかったものが、震災という異常事態に陥ったせいで、その人の素の部分が見えてしまった。知らなくて良い一面を知ってしまったために将来が不安になり別れた…。震災がきっかけで別れたものの、これで彼の本性が分かりましたし、彼にとっては良い口実だったのかもしれません。

それから2年ほど激務に身をおいていた従妹ですが、少しずつ婚活を始め、今年始めに婚活で知り合った男性と結婚しました。

従妹32歳、旦那33歳のカップルです。
信用金庫で働いている超高青年。責任感のありそうな立派な男に見えました。二人で私の実家に来た時にいろいろ話しましたが、社交的で倹約家。彼女もこれで幸せになれると…従兄である私が確信しました(笑)。

「どんな婚活したの?」

という質問を危うくしそうでした^^;
私も婚活パーティーで知り合ったことを伝えましたが、お互いに「詳細語るのはやめようや」というオーラを従妹が出していたので聞けなかったのですよ。

従妹も性格がよく、優しい女性なのにどうして結婚できないのかなと思っていました。婚活パーティーやコンパにも良い男女はいますので、やはり婚活は動いた者勝ちですね。

ツヴァイで妻と知り合いゴールイン!

必死になって婚活している女子は本当に金とルックスだけが目当てなのか

世界最大級の恋愛・婚活マッチングサイト☆マッチドットコム

スポンサーリンク

-婚活パーティーでの出会い