婚活根性論

自分に自信があれば人を愛せるし、婚活も上手くいく

2016/01/05

 

以前の記事で過度に自虐的になると、相手が引いてしまうと書きました。

婚活で妥協して都合のいい男になるな!

愛や夫婦生活はギブアンドテイクと言われることが多いですが、実際パートナーに惚れ込んだ時(特に初期の頃)は、「Take」の部分はあまり考えてはいなかったはずです。

少なくとも自分はそうでした。

しかし、ある程度時間が経過し、自分が尽くしてばかりで相手からなんの見返りが無いと思い始めたことはありませんか。

私も前回の記事にあるように尽くしたつもりでしたが、「なんで自分ばっかり」と思ったことは一度や二度ではありません。

パートナーを喜ばせたい、サプライズを与えたい、なんとかして役に立ってあげたいと素直に思っているはずだし、自分の行いに対して何かお礼をしてほしいとは思わないはずです。本当に惚れたら、愛していたら。

 

ただ、婚活で出会う人となると打算的な人が多いのも事実。

パートナーに対するこれらの行動を将来的な投資とか種まきとか呼ぶのは、間違いなく見返りを求めている証拠。

「女性は愛される生き物だ」

と世間一般的に思われていて、自分もそうでした。

だから、こちらが愛してくれないとあちらも自分を愛してくれない。でも、女性だって自分から愛すものですし、ただ単に優しい、何でも応じてくれるでは、昔の私と同様に関係に破綻をきたします。

だって、貰うことばかり、尽くしてもらうことばかり考えていたら、「もっともっとほしい」と欲求が膨らむだけですから。

与えられる方がトク、尽くすほうがソン。
こんな考えでパートナーと同じ時を過ごすのはやめましょうや。

「与えすぎたのはこちらの自信のなさの現れ」

と思っていましたが、ただ単に相手の言うなりに与えるだけとも違うんですよね。本当に難しい。強いて言うならば、好き何を与えたか、どんな見返りがあるのかではなく、自分の心理状態です。

 

hukei

好きな人に何かを与えた時に「幸せ」と感じたらそれでいいのです。
私自身はBさんに与えることで、幸せを感じていた時は初期の頃だけでしたね。そのうち、これだけやったんだから自分と同棲してくれるだろう、結婚してくれるだろう。もっと優しく接してくれるであろうと思っていました。

 

昼メロのクサいセリフにありそうですが、

「自分を愛せないと他人を愛せない」
「自分を信じられないと他人も信じられない」

というフレーズを聞きませんか。

でも、割りと的を得ている気がします。自分に自信が無いと人を愛せないのは確かですし、過度な自虐ネタに走って、初対面の異性の関心を得ようとする人には自信の無さが感じられます。

「俺このメンバーの中ではブサメンでさ。リアルで彼女いない歴10年なんだw」

「俺なんか年収低くて、全然女性に相手にされていない」

こんなことを初対面男性から言われても嬉しくも面白くもありません。特に婚活コンパやパーティーで言われたら引くでしょう。自分に自信がなさすぎると、もし仮にあなたに惚れた異性が現れたとしても、「どうして俺(私)のことなんか好きなんだろ。やたら親切だし・・・何か他に目的があるのかな?」と、思ってしまうでしょう。

私の知人でも、「俺なんか」とか「本当に俺と付き合いたいの?(相手は)おかしくね?」なんて言うやつがいます。

自分だけでなく他人まで疑ってしまう。

女性から見ても、自虐的で自分を好きになれない男なんて、いくらイケメンや年収が高くても、カネ目当てに合わせることはできても、愛せないでしょう。

女子力アップ記事にありきたりな結論だけど、
自分を大好きにならないと他人を好きになれない。

ツヴァイで妻と知り合いゴールイン!

ネット婚活はとにかく色々なサイトに登録して「待つ」ことも大事だ。

世界最大級の恋愛・婚活マッチングサイト☆マッチドットコム

スポンサーリンク

-婚活根性論