M川さんとのお話 コンパ系でのお話

33歳の売れ残り女性とコンパで出会った

2015/03/31

28歳の頃でした。

知人にコンパに誘われていつものごとく二つ返事で参加決定。

やっぱり知人のコンパってのは安心して参加できます。

友人知人とスキー・スノボーコンパって自然でいいねっ!

 

知人が言うには、

「3対3の合コンだよ。俺の同僚とお前で3人。あとの3人は専門学校卒と短大卒の娘だぞお~」

そんなに若い獲物と知り合えるの!?

あいつも顔が広いなあ~と感心していました。

知り合えるだけじゃなくてぜひとも発展させたい。
アラサーとは言え、男の28歳ですからね。女子大生とほぼ同年齢の娘と付き合うなんて余裕だと思っていました。

この頃はまだ外見で女の子を追いかけていましたから、可愛い子来ないかな~なんて思っていました。

 

当日、都内の居酒屋にて合流。

女性3人も揃っていて、とても大人びた雰囲気です
外も暗いしよく見えないせいでしょう。仕事も板についていそうな風格すら漂っていました^^;

お店に入って面と向かってみると…。

 

 

絶対20歳前半じゃない!!

 

明るいところで見るとくっきりはっきり!

ほうれい線とまでは行かないけど、肌年齢も我々より…年上?

知人はニコニコしており、あの場を仕切り始めました。

33歳、32歳、34歳と全員30代!
男性陣よりも4~6歳年上ですがっ?!

でも、話が上手くてとても積極的に喋ってくれました。女芸人を思わせるほど口が達者で、程よく我々若輩者を持ち上げてくれたり、楽しいコンパではありました。

今回のコンパを企画した友人を呼んで、

「専門学校とか短大を卒業したばっかりの娘たちじゃなかったのかよ!?」

と、問い詰めたところ。

「嘘じゃないだろ!専門学校卒と短大卒じゃないか。卒業したばかりなんて言ってないし、お前が勝手にそう思い込んだんだろ?」

そうだ…確かに短大卒って聞いたけれど、卒業したばかりなんて一言も…。

話が違うと喰ってかかったことを詫びてから、楽しいコンパに呼んでくれて感謝しました。

33歳のM川さんと意気投合し、連絡先を交換。メールのやりとりを数回した後、食事をすることになりました。

M川さん概要

  1. 年収300万円ちょい
  2. 派遣社員 正社員になったことはなく派遣人生
  3. 短大卒
  4. 婚活はほとんどしていない
  5. 年下好み

食事というか完全に飲みでしたね。
飲んでばかりいて酔うとすぐに絡んでくる。年下相手に説教を垂れてくるかと思うと「可愛い~」と言い始めたり、下ネタをふってきたりといわゆるオバア…でした。

それでも面白くて、彼女とのデートはいつも楽しい物でした。

あけっぴろげの性格なため、2回目のデートでは「家飲み」

家に入るといいちこ、いいちこスペシャルなどの日本酒がズラリ。台所に行くと酒瓶とビール缶ばかりがゴミ袋に入っていました。どんだけ飲むんだよ…。

寝しなにもウィスキーを飲んでいるそうで、「給与が全部酒に消えていく」と言っていたのはまんざら嘘では無いらしい…。

これじゃあ男も作れないだろうし結婚できないだろうな…。売れ残った女が、外見はキモいけど「20代男たちとコンパできる」と聞いて、喜び勇んでコンパ企画に乗ったのだろうと容易に察しがつきます^^;

少し酔いが回ってくると、

「ぺん輔くんってさあ、貿易関係なんでしょ?英語がうまいらしいじゃん。ちょっと話してみて!」

適当な事を英語で話すと、

「すごお~いい!英語って発音難しいよね。教えてよ」

舌と口の動きを教えていると顔を段々近づけてきて、

「ねえ、どうやるの?『a~?』」

と言いつつ、私の指を取って口の中に入れてきた。

「口の大きさって指二本分くらいでいいの?」

指を舐め回しはじめ…。

・・・・

気づいたら二人で裸になってベッドに横たわっていました^^;

続き⇒この女は酒乱気味だった

ツヴァイで妻と知り合いゴールイン!

ネット婚活はとにかく色々なサイトに登録して「待つ」ことも大事だ。

世界最大級の恋愛・婚活マッチングサイト☆マッチドットコム

スポンサーリンク

-M川さんとのお話, コンパ系でのお話