婚活の現実

どうして婚活を?アラサー男子の5つの婚活理由

2015/03/31

長いこと婚活ロードをひた走りに走って来ましたが、失敗や挫折を繰り返しているとどうして婚活なんかしているんだろ?なぜ結婚するのか?という素朴な疑問が頭をもたげて来ます。
どうしてだろう…?

今までは漠然と結婚したいと思ってパーティーなどに参加してきたけど、いざ立ち止まって考えてみると…
1.一人で生きていたくない
極論するとこれです^^;
実家暮らしだろうと一人暮らしだろうと、両親は必ず私よりも早く亡くなる運命にあるし、アパートでひとり暮らしをしている50代の自分を想像したらゾッとしました。散々キモいと言われてきた自分がする想像ですから、大変なリアリティでした。結婚しないで40歳に突入なんて絶対に有り得ません。是が非でも結婚してやるぞ!と思っていました。

 

 2.いっぱしの大人になりたい
妻子のいない自分は一体何なのだろうと自問しました。自然の摂理にかなっていない気がしたんです。結婚は人生の墓場とか地獄の始まりと言われていますが、実際に持ったこともないのでわかりません。妻子を持つことで苦労すること、楽しいこと、学べることがたくさんあると思います。自分一人ではなく、家族の為に働いて頑張ることで自分が成長できるのではないかと思いました。
それに、結婚して子供を産み育てることは双方の両親にとって、最大の親孝行になります。

 

3.周囲からの圧力
私の友人、知人たちはすでに結婚し子供もいます。独身の連中もいるけれど、妻子持ちが圧倒的に多いです。自分は相変わらずの独身だと思うと、なんだか非常に人生で後れを取っている気がして非常に焦りました。
両親からの圧力もありました。いい年になったんだからと言われる前に婚活していましたが、なかなか女性とうまく付き合えないキモい息子に対して、非常にやきもきしていました。
はっぱをかけられたり、急かされる分にはまだしも、「気の毒そうな視線で見守られる」のが非常に痛かったです。

 

4.世間体
「〇〇歳なんだかそろそろ落ち着いたら」
最近はどうかわかりませんが、ドラマや小説の中ではよく聞かれるセリフですね。口には出さなくても両親くらいの年齢だとみんなそう思っているはずです。40近い息子が家でゴロゴロしていたり、小中高時代同様いつまでも家にへばりついていたら、周囲も両親も「早く結婚しろよ」と思うはずです。

「自分は周囲の視線なんて気にならない。俺の生まれ育った家にいて何が悪い」

と思っていても、近所の人から「〇〇くん結婚まだなの?」なんて聞かれることはしばしばあるだろうし、その時なんとも言えない気分になるのは両親です。

5.本能
自分ニアッタ女性見ツケル。
オレ、結婚スル。
子供作ル。
オイシイモノミンナ、タベル

生まれたままの本能としては、良い女見つけてセックスして一緒に住んで結婚して温かい家庭を作りたいと思っていました。

上記5つが本音っす。
未婚の友人たちがよくこぼすセリフが

「オレ(私)はもう独身で過ごすわ~」
「結婚する意味ってある?独身のどこが悪いの?」
「まだ遊んでいたいし、独身の方が楽だろ」

本当にそう思っている人なんて早々いないでしょ、これ。
大抵は「どっかに良い相手いないかな~」なんて思っていますよ。結婚までは考えていなくても、素敵な恋人が欲しいと思っているのは確かです。

世間体なんて糞食らえと私も思います。

だけど、世の中なんて4.のようなもの。それなりの年齢になっているのに未婚、恋人がいないと「人格的に問題があるのではないか?」と思われます。転職をする時などは強く意識する問題では無いでしょうか。40代で結婚できていないものなら、「負け組」なんてレッテルを貼られることもある。自分の事業を持っていて、金持ちなら別かもしれないけど。

特に友人のSなんかはぶれまくりです。

  1. アラサー女子とコンパした話 ネガティブな連れは排除せよ
  2. 売れ残りアラサー男女の共通する特徴…自虐的

「結婚してえ~」なんて言っておきながら、コンパの日が近づいてきたり、美人が参加していないと「結婚しなくてもいいや」なんて言っています。

結婚したいけど行動できない。だけど出来ることなら運命的な出会いや、積極的な異性からモーションをかけられたいと心の奥底で思っている人のほうが絶対多いと思いますよ。

これってプライドですかね?

自分のやりたいことと現実に向き合エバわかると思います。結局プライドを守るために逃げているんじゃないでしょうか。

かろうじて突っ張っていられるのは30代半ばまでだと思う。男の場合。

恋人が欲しい、結婚したいのなら、見栄を張らずにどんどん動いていこう!!

ツヴァイで妻と知り合いゴールイン!

ネット婚活はとにかく色々なサイトに登録して「待つ」ことも大事だ。

世界最大級の恋愛・婚活マッチングサイト☆マッチドットコム

スポンサーリンク

-婚活の現実