結婚してから

あなたが体調を崩した時のパートナーの反応は冷たいか?

風邪を引いたり体調を崩した時に実感した…妻の暖かさ…

最近仕事が忙しくて体調を崩し気味でした。出張が重なったため慣れないビジネスホテルでの連泊、長距離移動が続くとさすがに堪えますね。帰宅して2日後に急な発熱でぶっ倒れてしまいました。

そう言えば、ここまで酷く体調を崩したのは結婚してから…いや、妻と知り合ってから初めてのことだと思います。

PAK75_negikuttenaoseyo20141025132717_TP_V

あなたが体調を崩した時に親身になってくれるパートナーか?

親身になってくれるかくれないか。

パートナーの素質を測る上で非常に重要な要素です。もし、あなたが体調を崩しても全くあなたを気遣わない。あなたの体調不良などを一切気にかけず、自分の話したいことだけを話す。こういう人ってどう思います?

「え~?そんな人いるの?」

と、思うかもしれません。でもいるんですよ。自分の父親がそうでした。母親が体調を崩してもろくすっぽ気にかけなかったです。胃腸が悪く手術することになり入院。それでも見舞いに来たのはほんの僅か。私は高校性でしたがほぼ毎日母親を見舞い、学校での出来事を話したり、退屈しないよう自分の愛読書を持って行ったりしました。

 

でも熱病に浮かされている時に、パートナーから体調を気にかけられなかったとしてもあまり気にはならないものです。付き合い始めたばかりの頃に、

「週に1,2回しか会えないのであった時くらいは楽しく遊びたい気持ちがあるのだから、自分の体調に関心が向かないのは仕方ないのかもしれない…」

しかし、同居し始めてからも同様の態度だったらあなたはどう思いますか?

「風邪ぐらいで何よ」
「家でゴロゴロしているんなら家事をしといてよ」
「食べたら自分の食器くらい洗っといて」

もう・・・どっと疲れますよね。実家で休息したくなります。

食事に関しても体調不良で喉が通らずあっさりした物が食べたいのに、

「今日はこれを食べたかったんだ~!」

と、ギットギトの油まみれの肉料理を出されたり。食欲がないので食べられないと言うと逆ギレするタイプの女性(笑)。こういうパートナーと一緒だと先が思いやられますよね。結婚して子供ができたらますますないがしろにされること間違いないしです。

「こんな女だと分かったらすぐに別れてやるわいっ!」

と思っちゃいますよね?

しかし、熱愛中はわからないんですよ。多少キツイことを言われても「励ましの言葉」と受け取ってしまうし、体調を崩している自分が悪い、相手に迷惑をかけていると思ってしまう。

以前Bさんと同居寸前までいきながら、電撃的に振られてしまったことを書きました。

彼女と恋愛中に風を引いてどうしてもデートをキャンセルせざるを得ない時、体調を心配される前に、

 

「次はいつ会えるの?」
「せっかく予定を開けておいたのに!どっかで埋め合わせしてよ!」

と言われたり。

また、体調不良のままデートに望んだ時も

「しっかりしてよ」
「デートなのにどうしてそんなにやる気ないのよ?」

なんて責められました。あの時は確実に自分が悪いと思っていました。

 

 「病は気から」「気合で治す」と口走る人は要警戒?!

相手の立場に立って考えられるのは大人です。Bさんは体調を崩すと一気に弱気になり甘えてきます。当時は可愛いと思っていました^^;浅はかにも。

病気の話などをさり気なくパートナーに振った時「病は気から~」などと言う人は、他人が体調不良で休むと心配せずに、自分に対する不都合ばかりを考え、相手の痛みを知ろうとしない人が多い気がします。元パートナーや会社の同僚、大学の友人たち。絶対にいるんですよ^^;

「急性腸炎で山田さん休みだって!」

と、職場内が一瞬騒然とした時に、「大丈夫かしら?」「入院とか手術が必要なのかな?」「入院中なら今度お見舞い行こう」などという人達と、「あいつに休まれちゃ困る」「あの件はあいつしか知らないから、明日にでもなんとか出社させよう」「当分休めていいんじゃない」

などなど反応は様々。やはり後者のセリフを吐く奴は…性格に癖があったり、自己中心的な感じがしますね。
「病は気から」は他人に言うよりも自分に言い聞かせるためのセリフだと思います。

huhuuu

ひどい場合は自分のパートナーが体調不良に陥ると、この事実にストレスを感じ、病人であるパートナーに当たり散らす人もいます。

「早く治してよね!」

病気でゴロゴロしているのが家にいると思うと、気が立って仕方ない人。嫌かもしれませんが実際にいるんですよね。以前居た女性職員がまさにこれでした。同せい中の彼氏が体調不良で数日寝込んでいて、家に帰るのが憂鬱。うざいし面倒くさい。早く働けって感じと言っていたのは軽い衝撃を受けましたね。
ぺん輔の妻は?

私の妻は優しいです(笑)。子供に私の風邪が感染るのをかなり心配していますが、それは母親として当然のことです。おかゆを作ってくれたり、普段私が担当する食器洗いなどの家事もやってくれるし、優しく接してくれます。

「早く治してね!」

とは言いません。このセリフは心配している風にも聞こえますが、他の意図もありそうな気もしますね。早く治ってくれないと邪魔、働いてくれなきゃ困ると^^;

「良くなったみたいだね」

はOKです。

「ゆっくり休んでね」
「仕事のことなんか考えないで休まきゃ」

何気ない一言ですが、目頭が熱くなりました。低年収のなんの取り柄もない…ブサ男になんて暖かいお言葉…。病気になった時こそ「ホッとできる家」でありたいですね。

パートナーを見極めるには、あなたが体調を崩した時にどんな反応をするか。また、逆にあなたの反応もチェックされているかもしれません。何事もそうですが相手の痛みを理解できるように感覚を磨いていきましょう!

世界最大級の恋愛・婚活マッチングサイト☆マッチドットコム

スポンサーリンク

-結婚してから