婚活の現実

アラフォー独身者の口約束?「現役引退したらさ…ルームシェアしようよ!」

先日、DQN高校の部活仲間の集まりがありました。1年上の先輩、1年下の後輩が集まって久々の陸上部の集まりです。女子部員の半分は結婚して子持ち、一部男子部員も結婚していましたが、やはりDQN。私のような新米夫がいうのもあれですが…離婚の危機状態が二人居ました。

  • 子供の面倒を見ない。
  • 週末も長期休暇も家族と時間は過ごさずにDQNとつるみ続ける。
  • 奥さんが病身の母親(男の母親)を看ているのにほとんど感謝もせず、独身リア充並みのSNSを週末のたびにかっ飛ばすDQN。

いよいよ離婚が間近に迫り、ようやく自分の過ちに気づいたそうです。

もう一人は自分自身の浮気グセ、家事をしないことでした。これまたマジで離婚するまで5秒前でした。

共通点としては低年収のくせに亭主関白を気取ったり、いっちょ前に浮気と言っても(風俗通い)ですけどね。男本人は浮気しているつもりでも、風俗嬢からしたら遊んでいれば貢いでくれる都合のいい男だと判断されているはずです。

 

低年収で家事、育児しなかったら愛想付かされても仕方がない。自分は外見が悪いし、年収も低いので家事、育児を積極的にやることでオプションとしています。家族の会話、妻との会話が増えれば、年収20万円くらいはカバーできると聞いたことがあります。例えば、実際の年収は320万円でも、妻と頻繁に会話をしていればプラス20万円以上の価値を与えるそうです^^;さらに家事育児をすれば年収プラスαってことになると思います。実際年収と額面年収って絶対に違うと思います。

gf01a201403041300

さて、今回きになったのはDQN男性陣だけでなく、シングルの女性たちです。

皆さんアラフォーの仲間入り寸前ということですし、結婚に焦りを感じていたり、はたまた開き直ったりといろいろです。彼女たちを見ていて思ったのは、何だかんだ言いつつ、結婚できずに一人で年を取るのは不安だということ。彼女たちは結婚に関すること、元カレのことで様々な意見をぶつけていましたが、共通した意見は誰かと一緒に住むことで安心を得られることです。

「おばあちゃんになったらみんなで一緒に住まない?」
「仕事を引退したら、大きな部屋を3人で借りて住もうよ!」

微笑ましく聞いていましたが、ちょっとさびしいよなあ…とも思いました。
将来…と言ってもほとんど30年後ですよ^^;。30年後もしかしたら一緒に住むかもしれない相手って…聞いていてもピンときません。

みんな「今」が寂しいんですよね。それを認めようとしない。
恋愛観を戦わせたり、出会いがないと嘆いたり、結婚はいいやという言葉の裏には常に「今寂しい」「今現在、この時に尽くしたい相手がいない、幸せにしたい相手がいない、大切にしたい相手がいない」があります。

将来の不安を払拭するかのようにその女性たちは将来を誓い合っていました。もちろん酒が入っているので余興程度の話でしょう。しかし、これでなんとなく安心してしまう独身者もいるのではないでしょうか?

「独身で年をとって、現役を引退した場合貯金はいくら会ったほうが…」
「年金いくら貰えるのか、生命保険の内容は、社会保障は?デイケア的なものはいくらかかるの?」

でも…一番頼ってしまうのはお金や保証ではなく、人だと思います。
老いて周りに誰もいない状況。親はすでに他界していますし、兄弟は結婚しているか、遠いところに住んでいる。友人たちの多くはそれぞれ家庭を持っている。30代の頃一緒に住もうと誓っていた友人たちも一部結婚してしまったし、昔から頻繁に連絡を取っていたわけでもないのに、ある時を境に共同生活ができるのだろうか?

そうなるとやはり伴侶。結婚相手が必要です。
恋愛、婚活はさておき、生けるものとして営みをしていく上で異性を見つけて共同生活をするのは自然なものです。人間の場合社会生活があり、野生動物のように一匹狼で暮らしていくのは難しいですし、野生動物でさえ群れを作りお互いを守っています。

結婚できない理由はいくつでも作れます。
でも、結婚したいのなら諦めず無理やり機会を作るべきです。将来のことを考えて不安になり、将来への蓄え、老後の独身をシミュレーションした時に真っ先に浮かぶのは今見ぬパートナーの存在です。

その時になって同年代とルームシェアできるとは限りません。

老後の安定を考えるのなら、今自分が好きな相手を見つけて幸せになるしかない。

「明日から頑張るんじゃない。今日る、今日だけ頑張るんだ…」

oootcuki

賭博黙示録カイジのチンチロ編の大槻班長のお言葉です。
これって結婚という長いスパンの話にも言えるんですよね。将来は将来がつくるのではなく、今が将来を作るんです。

「結婚したいけど…アラフォーだし」

と、アラフォーの女性も男性も諦めてほしくないです。何度も書きましたが私ごときの低スペック男でも結婚できました。ツヴァイといういかにもな結婚相談所ですけど^^;、上手くマッチングしていただき幸せな日々を過ごしています。
カイジの悪役のセリフって深いセリフが多いんだよなあ…。

世界最大級の恋愛・婚活マッチングサイト☆マッチドットコム

スポンサーリンク

-婚活の現実