婚活ノウハウ

女性と話す時は一方的に話さず。キモ系だったけど良かったこと

話すのが上手くないし、見た目もぱっとしないどころかキモ系マスクのぺん輔です。
第一印象、外見などはとりあえずわきにおいておきましょう。長く付き合っていく中で必要なのは内面です。内面をよく知るためにはトークです。最終的な決め手ですね。パーティーやコンパ、お見合い回転寿司…トークでどれだけ自分のことを伝え、相手に好印象を持ってもらうか、よりよく知ってもらうか。知ってもらうためにはただ一方的に話せばいいのかというと、そうではありません。

男性の場合、自分を少しでもわかってほしい、もっと盛り上げたい、得意な話題になったらついつい自分だけ話してしまいがちです。たくさん話せばなんとなく手応えがありますし、満足感に浸れます。これって実は自己満足で終わっているだけで女性に良い印象は残せません。

幸い、私は口数が多い方ではなく、婚活初期なんかは何を話していいかもわからないくらいでした。もっと話した方が良いのかと思い、トークを磨く自己啓発本などを読みまくっていた時期があります。自分らしくなく明るく振る舞ったり。なんだか不自然でした。もちろん、女性に話しかけたり、社交辞令が言える程度のコミュ力は必要です。

gf01a201410252300

話を遮るのは論外
聞き上手になるのが一番です。話の最中に遮られるといらっとしますよね。しかも、相手は女性婚活中です。自分の得意分野に話が及ぶと遮ってしまう…よくあることです。女性が話しているのに、あなたの体験なんて後回しにしましょう。話したい気持ちをぐっとこらえて話し終わるまで待つ。さらに上手く相槌を打ちながら共感しましょう。相手に気持よく話してもらうようにすることが大事です。

女性は共感してもらうと、その人に対して好意を持ちますし、あなたに対する満足度もアップします。

 

質問上手になる

聞き役に徹しているだけでは不十分です。相手からの質問に対しては明るく元気に応える。小学生の「朝の会」みたいですけど、これって大人になっても基本は同じなんですね。大声を出す必要はありません。聞かれたことにまっすぐ応える。時々いるのですが…会話のキャッチボールが下手な人がいます。こちらの質問と全然違う答えが返って来たり、逆に今話している内容とはずれた質問してきたり…。見当はずれな回答って嫌なものです。「この人きちんと話を理解できているのかしら…?」と不快感が一気に増します。

視線についてもよく言われているように、時折彼女の目を見る。じっと見るのは辛いですから、チラ見をする程度でもOKです。

 

最初のデートでは相手(女性)に楽しく話してもらうのが肝心です。自分が楽しくしゃべるのが目的ではありません。「今日は彼女のことをよく知ろう!たっぷり話を聞かせてもらおう」

という心構えで望めば、聞きっぱなしのデートでも楽にいけます。女性8:男性2くらいの割合で話せば良し!

婚活放浪した人にもおススメ!私もここで妻と知り合いゴールイン!!ツヴァイ

ネット婚活はとにかく色々なサイトに登録して「待つ」ことも大事だ

世界最大級の恋愛・婚活マッチングサイト☆マッチドットコム

スポンサーリンク

-婚活ノウハウ