メール婚活 失敗談・ダメな例 婚活ノウハウ

婚活相手のメールの即レスを期待するな!我慢のしどころ

 

集団お見合いなどのパーティー系の婚活で知り合った女性と連絡先の交換。
連絡先を聞き出せた時は嬉しいですし、一歩前進した気がします。

解散後の楽しみも増えましたし、どんなメールを送ろうかと考えながら家路につくのも楽しいものです。さらにLINEでのやり取りができたら最高でしょう!私が婚活していた時は今ほどLINEが普及していませんでしたが、今では親密度を増すツールとしては必要不可欠と言えます。

gf01a201501110800

男性はメールの即レスにこだわるいきもの!

私はメールを書く時は長文です。今はほとんどLINEを使っていませんし、ショートメールを1行2行送るのは性に合わなくて全然できません。「おつかれ~」「忙しかったよ。そっちは?」みたいなやり取りができないんです。全くやる気になりません。

必要なことをより深く書こうとすると、どうしても長文になってしまう。
女性に長文メールを送っても、すぐに返事が返ってこないし、返って来たとしても1,2行の返事だけです。これに不満を覚える男子はかなり多いです。

私は返事が1,2行でもそれほど気になりませんが、すぐに返事が来なくてヤキモキしたことはよくありましたね。

「ぺん輔さんのメールって超長いですね~!」

と、言われたのは一度や二度ではありませんでした。 むしろ褒め言葉だと思って長文ばかり書いていました。メールを送ったのに即レスしないなんて無礼だ。冷たい、脈なしと思う人が多いようですが、女性は男性ほど即レスにこだわりませんし、特に男性相手だとレスは遅いものです。女子同士だと若干早いようですが…。

長いメールをもらうと正直かなり困ると言っていた女性もいました。
色々書きすぎてその一つ一つの事柄に対して返答しなければならないというプレッシャーがあるとのことでした。生真面目な女性だからこその意見ですよね。

 

メールの頻度ってどれくらいなのよ…?

一日に何度も送信するのは相手にとって負担です。
出来れば1日1回、2回くらいがちょうどよいのではないかと思います。もちろん年齢にもよりますよね。20代半ばと30代ではメール回数は相当違ってきます。私も年齢とともにメールの回数が減って行きましたし、文量も減りました。30代だと1日1回メールでも十分すぎる気がします。書かないのもまずいしなあ…とちょっと無理して書いていた気がします。決して相手が嫌いだというわけではありません。ただ億劫でした。今の嫁さんに対しても、恋愛時代ですら1日1回くらいでしたかね…。

メールは簡潔明瞭に。それに加えて気遣いが感じられるコメントがあれば尚良しです。
「お疲れ様」「仕事忙しいみたいだけどちゃんと休んでいる?」とか、彼女が「〇〇なんだ~」と言ってきたらそれに対してのフォローを入れると良いですね。

 

LINEのやり取りが出来ればしめたもの!?

最近はLINEがメインなので既読のメッセージだけでもうざいと感じる人も多いです。
LINEはかなり親密になれるし、微妙な感情表現を伝えられるスタンプなどツールも豊富です。ただ、知り合ったばかりの男性からスタンプラッシュとか、頻繁にメッセージをもらうとかなり面倒がられるのは確かです。

LINEを積極的に使用するのはもっと仲良くなってからで良いと思います。
返信に困るし、余計なところでマイナス評価を受ける必要はありません。
LINEやメールのやりとりって、年齢層、個人の好みによって頻度や内容が変わってきます。
また、時代とともにこれらのショートメッセージのやり取りが変わってきますし、使いこなしているようで、実はツールに振り回されている気もするんですよね。

簡潔明瞭+α(彼女への心遣い)のメールを上手く送れれば、親密さが一層増していくでしょう。

世界最大級の恋愛・婚活マッチングサイト☆マッチドットコム

スポンサーリンク

-メール婚活 失敗談・ダメな例, 婚活ノウハウ