婚活ノウハウ 婚活パーティーでの出会い

婚活パーティでの失敗談…私ぺん輔にとっては当たり前体操!

婚活パーティには行けども行けども…失敗することが多かったです。
パーティーでのヒット率はかなり低かったし、やっぱり自分に相応しい戦場はどこかとさまよっていた時期だと思います。パーティーに行っていたのは、20代の頃でした。

93ebb1827ffb37c2ceff983ddf8bacbf_s

某大手老舗が主催するの婚活パーティー。
この業者は未だに残っていますし、婚活が世間で最も注目され、熱があった時代…この頃は猫も杓子もパーティーを企画していましたが、その多くはすでになくなってしまいました。

ということは、それなりにカップル成立率が高く結果を残しているという証拠でもあります。そんな高い確率出会ったにもかかわらず、自分がカップル成立となったのは本当にわずか…。

男女比も悪くなく、当時良く遭遇した男子多VS女子少というケースがあったものです。女性の参加費が安かったというのも影響していると思います。大手の業者であるし、女性の参加者が多いということは、ルックスの良い女性も多いということ。ただ、綺麗な女性はイマイチ婚活に真剣に取り組んでいない感じがしました。参加費が安かったり、無料だと、冷やかし半分で来る女性もいるんですよね。

女性経験値が低い男ほど…レベルの高い女性を求めてしまう

 

お見合い形式で1対1で会話。
回転寿司系が終ってから、フリータイムなどなど、様々なパターンのパーティーがあるけれど、最終的にはカップル成立を目指すために興味のある相手の番号を書いて提出するのですが、適当な番号を書き込んでいた女性がいました。

結局カップルとして成立したものの、書き込んだ番号は適当で遊び半分。相手の男性にそれを伝えていましたが、男はキレ気味。女性に対してはさほどクレームはいいませんでしたが、運営側にはかなり食らいついていました。そりゃあそうですよね。参加費7000円以上の大枚です。

gf01a20150202100033eo7

この大手業者の魅力的なところはジャンルが幅広いことでした。
年齢別、職業別、趣味別、年収別、体型別…なんてのもありました。

私が当時参加したのは20代限定のものでしたが、やっぱりアラサーとなった当時としては自分には不向きな戦場でしたね…。男女とも若いし、ライバルだらけ。20代って性格的な部分よりもスペックに注意が行きがちなので、私みたいなキモ系、カネ無しは駄目でした。それに加えて、年下狙いだったのが、行動力を削ぎました。

ただ、この大手業者…綺麗な女性が多いんですよね…。人数もきちんと合わせてくるし。

婚活パーティー、まずは大スクリーンに映されたパーティーの説明をみんなで視てからプロフィールカードを書く。その後、一人数分ずつお見合いする「お見合い回転すし」が始まります。

それからフリータイムです。
インターバルがあったり、途中で茶番が挟まり、結局2,3回フリータイムがあり、そこでチャンスをものにしなければなりません。

プロフィールカードを拝見すると、確かに年齢は20代。でも、アラサーが多くて自分よりも年上。女性の中には「まだ29歳だけど、数えなら30じゃないかよ…」って人も数人居て、やっぱり20代限定と言ってもギリギリ感があり切なかったです。

この時はターゲットを年下にしていたのがまずかったですね…。
年下で可愛い。だけど、ちょっと天然ぶっている娘に狙いをつけてしまったのも自分の落ち度でした。

顔と年齢で選んだけど…結局その娘は天然っていうか、天然キャラを装った「養殖系」の女性だったし、「天然=空気読めなくても良い」と思っていたのか、やり取りがもう雑というか、無礼というか、今考えればブサ男を早く追い払うための仕打ちだったのかもしれませんけど。

そんなことを考えつつ、適当な女性に話しかけましたが、やる気はすでにゼロ。本当に年齢で選んでいた時期は最悪でしたね。もちろん女性ではなく、自分がです。

気に入った女性の番号をカードに書いて提出。
当然のことながら、私に丸をつけた女性は皆無でした。

 

年齢別、職業別、年収別などの限定パーティーって意外と照準が絞られて探しやすそうですが、期待が外れるとものすごく落胆します。自分にこだわりを持ちすぎると婚活の幅を狭めてしまう…。反省しましたね。ストライク・ゾーンを広げる。または別のところにストライク・ゾーンを持っていくことも…アラサー以上になってからは大事なことだと思います。

婚活パーティーやコンパに、二の足を踏んでいるのなら…婚活サイトに登録がオススメ!
学術的性格分析

世界最大級の恋愛・婚活マッチングサイト☆マッチドットコム

スポンサーリンク

-婚活ノウハウ, 婚活パーティーでの出会い