婚活ノウハウ

婚活を最短で終わらせるために時間制限を設けるのってどうよ?

2015/03/31

 

婚活会場で同性の参加者と話をすることがありました。

「あと半年以内に結婚したいんスよね」

「一ヶ月以内に恋人作りたくて」

などなど、婚活に参加している人は、パートナー探しに時間制限を設けているようです。明確な時間制限ではないでしょうけど、それだけ婚活に本気だということです。

学生の頃、友人らと「○●歳までに結婚したい?」なんて話しませんでした。その際、25歳まで、30歳までなどと答えたものです。これはわかります。

婚活している人はすぐに相手を見つけて結婚したいわけですから、「あと○ヶ月で」ってのは自然なのでしょう。こんなセリフをはけるのは婚活参戦者ならでは。

私も経験ありますけど、あと○ヶ月以内にパートナーを見つけると思って婚活しているとしんどいです。

縁を掴むために多くのパーティーに参加していくのはいいですけど、参加回数=努力ではありません。

参加して、女性と知り合ってどうするかです。

性格の不一致も有ると思いますが、そこまで辿り着くまでに、女性(男性)はあなたの立ち居振る舞いから「人間像」を作り上げています。

「こんな気配りができるなんて」

と思わせることが大切です。

あなたがいくら良い人で、いくら面白い人でも第一印象やその場の振る舞いがあまり良くなければ関心をいだいてくれません。

婚活での努力とは、婚活を通じて客観的に自分を見れるようになり、その弱点を埋めていくことだと思いました。

細かいことですが、下記に注意していくことで印象はだいぶ変わったと思います。

  • 料理を小皿にとってあげる
  • 飲み物を取ってきてあげる
  • 身だしなみを整える
  • 会話で女性の得意分野の話題をふる
  • 聞き上手なのか話上手なのかを見極める
  • 相手の内面を褒める。

可愛い子に話しかけても、キモかったので即撃沈していましたが、上記ポイントに気を配ることでコミュニケーションが取れるようになりました。一般的な事柄ばかりです。

婚活の回数を重ねることも大切ですが、客観的に自分を見つめなおす努力ができればきっと相手は見つかります。

ツヴァイで妻と知り合いゴールイン!

ネット婚活はとにかく色々なサイトに登録して「待つ」ことも大事だ。

世界最大級の恋愛・婚活マッチングサイト☆マッチドットコム

スポンサーリンク

-婚活ノウハウ